7年生立志式を開催 ほか

14日(木)午後から7年生が保護者参観のもと、立志式を行いました。湯沢学園中期の修了にあたり、自分の夢や志を発表する会です。総合的な学習の時間に取り組んできた、地域の偉人調べや職場インタビューなどをヒントに、将来の夢やこれから行うべきことなどを発表していました。多くの生徒が「ふるさと湯沢」に貢献するため、盛り上げていくためという思いをもっていました。そのためにすぐにでも取り組むことに、「仲間との協力」「あきらめない気持ち」「新しいことに挑戦」「相手の気持ちを知る」など数多くあげていました。自分の将来の夢を大勢の前で堂々と発表する姿や、それをお互いに認め讃え合う姿に、たくさん出会えた素晴らしい立志式でした。生徒一人ひとりが自分の成長のために、また新たなスイッチを入れたように感じました。

13日(水)8年生は3,4限に、湯沢消防署員の方々をお招きして、救命救急法の講習を行いました。数年ごとにガイドラインが変わり、マウスツーマウスなどの人工呼吸は必須ではなくなったようですが、心臓マッサージやAEDの使用について小グループで体験しました。命を守るための大切な活動です。1回体験しただけでは、いざという時に適切に対処できるかどうかはわかりませんが、今後この大切な行動に目を向けるきっかけになったと思います。